瀬戸内寂聴 自分が嫌なことも引き受けること

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第1009回 「己(おのれ)を忘れ、他を利するは慈悲の極みなり」。これは最澄の言葉です。自分が嫌だと思うことも引き受けて、人に幸せを与えられるよう努力しましょう。 瀬戸内寂聴 撮影…
Source: grape