【ダイエット企画】朝晩は糖質抜き!「昼だけ普通に食べるザップ」を始めました

どうもみなさん、こんにちは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。イヤでも夏を意識し始めるこの季節、いつも以上にカロリーを気にしていますか? 別に海に行く予定はなくても、なぜだか「そろそろやらなきゃモード」に突入しちゃいますよね?

私も例にもれず、ようやく “やる気スイッチ” がオンになったところです。いつもならば短期集中で勝負をかけるところですが、今回はやや趣旨を変えたダイエット企画をお届けしましょう。その名も『昼だけ普通に食べるザップ』です。

・脱「短期集中型ダイエット」

自画自賛するようで恥ずかしいのですが、私はダイエットで失敗したことがほぼありません。鋼鉄の意志を持ったやるときはやる男なので、食事制限も筋トレも有酸素運動も、絶対にやり通すことが出来るのです。

ただし、それは期間が設けられていた場合のみ。例えば3カ月なら3カ月と期間が決まっていれば、その間は超ストイックに己をいじめ抜けるし、耐えられるのです。仕事だろうがプライベートだろうが、期間中の最優先課題はダイエット。意志よりダイエット効果が高いものは無いハズです。

とはいえ、ダイエット期間が終了するとリバウンドしてしまうこともまた事実。馬鹿みたいに大食いするワケではありませんが、それまで制限していたものを食べ始めれば、その分太るのは当然ですよね? しかも私は食べることが大好き。半年以上かけて、ゆるゆると元の体型に戻っていくのです。

・やっぱり食が重要

今回の企画はそうしたハードな食事制限へのアンチテーゼと言いますか、かいつまんで言うと「そこまで頑張らないでも出来るダイエット」を選びました。別の言い方をすると「永遠に続けられるダイエット」──。それが『昼だけ普通に食べるザップ』なのです。

これまで多くのダイエットを経験してきましたが、やっぱり1番重要なのは「食事制限」なだと思うんですよね。筋トレも有酸素運動も大切ではありますが、個人的に「8割は食」だと思っています。極端に言えば、筋トレと有酸素運動をしなくても食事だけである程度のコントロールは出来るハズです。

もちろん、20年近くジムに通っているので筋トレをやめるつもりはありません。ただ、半年ほど前に首のヘルニアをやってしまって以来、以前ほどのトレーニングは出来なくなってしまっています。特に右の大胸筋には力が入らず、80キロ上げていたベンチプレスも今では30キロが精いっぱい。何とも情けない。

・ダイエットのプラン

前置きは長くなりましたが、今回私が挑戦するのは以下のメニューです。なお、プロダイエッターたちの「ここが違う」「こうした方がイイ」という意見は一切受け付けません。テヘペロッ☆

・ 朝食は糖質抜き(サラダがメイン)
昼食は好きなものを食べる
・ 夕食は糖質抜きで、18時を目処に食べ終える
・ 21時頃にプロテインを一杯飲む(お腹が空いていたら)
・ 1日2リットルの水を飲む
間食は厳禁
・ ストレスが溜まってきたらチートデーを発動
・ 飲み会などは基本断らない。その時は普通に食べる
・ 週2~3回のジム通いは継続
・ 有酸素運動はしない

どうですか? 結構ゆるいメニューじゃないでしょうか? お菓子が大好きでルマンドとハッピーターンを毎日1袋食べていた私からすると “間食抜き” が結構キツいんですが、まあ2週に1度か1月に1度は「チートデーを発動させちゃおうかな?」と思っています。

また、私は基本的にお酒を飲まないので、水分は「水・ブラックコーヒー・炭酸水」の3種類に絞る予定です。慣れるまでは「1日2リットルの水」が意外と大変ではあるものの、新陳代謝を上げるために決して欠かすことはできません。

・1カ月ごとに報告します

現在、私の体重は64.5キロ、体脂肪率は10.1%です。果たして『昼だけ普通に食べるザップ』で体はどう変化していくのでしょうか? おそらく劇的な変化はないと思われますが、緩やかにいい体になっていく……ハズです。まずは1カ月後の報告をお待ちください。

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24