小学生への注意の仕方の指導で「1年間で100回以上はします」→すごく心に刺さる気を付けよう

mji131321121111

すごく心に刺さる…。気を付けよう。

小学生への注意の仕方の指導で「1年間で100回以上はします」

そして我が身も振り返る

小学生への注意の仕方の指導

「言ってる内容は正しいけど
言い方はよくないよ」

この指導
1年間で100回以上はします

正しいと思ってることを相手に指摘するとき
人はとても強い言い方になるのです

— めがね旦那@小学校教諭 (@megane654321) 2019年5月9日

https://platform.twitter.com/widgets.js

「これ社会人でもいっぱいいるパターン」

同意です。
小学生へだけでなく社会の色々なところに当てはまりますよね。それこそ後輩への注意なんかも、内容が正しくても言い方が良くないと上手く伝わらない。
正しさだけが正しい訳ではないですね。

— おかけん@タンザニアで数学先生 (@okakentan2017) 2019年5月10日

https://platform.twitter.com/widgets.js

元職場の先輩が「怒る時ほど静かに話す」って言ってた。できてないけどその通りだと思う。小学生に限らず。 https://t.co/S9eBPh2fWY

— ずんだぼっち(◡̈)/ (@zundabocchi) 2019年5月10日

https://platform.twitter.com/widgets.js

小さい頃にこういう注意を受けたことないけど。
大きくなって自覚した。言い方は大事

— 凸突凹矛 (@jakou_sansan_KH) 2019年5月10日

https://platform.twitter.com/widgets.js

これ、すごく大事なこと。
「あなたにとって正しいことが、その時の相手にとって良いこととは限らない」。あと「思うのは自由だけど、相手を傷つける恐れがある言葉を安易に口に出すのは良くない」もよく息子に言う。自分の脳みそにも届くように。ついつい忘れがちだから。 https://t.co/KbN1jlG8TF

— しいたけのつぶやき (@shiitsubu) 2019年5月10日

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: COROBUZZ