【競馬】とにかく荒れるヴィクトリアマイルで狙うはボロ儲け! 穴を信じて勝負の3連単5頭ボックス

ゴールデンウィークで使ったお金を取り返す! きっとこのように鼻息荒い競馬ファンは多いのではないだろうか。何しろ、今週末のヴィクトリアマイルはとことん荒れるレース。2006年に新設されると、次から次へと破格の高額配当を生み出してきた。

ガチガチの決着となったのは2011年(勝ち馬はアパパネ)くらい。100万円どころか2000万円超えの超特大馬券さえも出たレースは、果たして今年いくらつくのか。とにかく夢があるし、ここは3連単5頭ボックスで攻めるしかあるまい!

・人気どころの取捨選択

誰もが気になる存在なのは、1番人気が予想されるラッキーライラックだろう。前走の阪神牝馬Sで8着と大敗してしまったが、前々走の中山記念で牡馬相手に2着と結果を残したことは大きい。やはり抑えておかねば……思いきや!

だが断る。馬券に組み合わせるかといえばNOである。なぜなら、ブエナビスタやウオッカといった過去の名牝と比べたら劣るのは否めず。個人的には、同じオルフェーヴル産駒であるエポカドーロが結果を残せずにいるのと被ってしまうからだ。NHKマイルCでケイデンスコールを2着に導いた鞍上の石橋脩騎手が怖いものの、思い切って外すことにする。

また、阪神牝馬Sを勝ったミッキーチャームも初の東京と不安要素があるため除外。ノームコアもルメール騎手が騎乗停止になったことで、候補に入れなくてよくなった。これで万馬券の下地は整ったと言えるだろう。

・逃げ先行残り

ではどの馬を買うのか。まず1頭目はアエロリットだ。海外遠征帰りではあるが、昨年の毎日王冠で後のマイルCS馬となるステルヴィオ、菊花賞馬のキセキを振り切った強さはもう一度信じてみたい。もしも人気が落ちていたら旨味成分がだだ漏れ。過去にNHKマイルカップを制したときと同じ府中1600mの舞台で、再び頂点に立ってもなんら不思議ではない。

そして前めの競馬で時折強さを見せるクロコスミアも勝負の3連単5頭ボックスに加える1頭。エリザベス女王杯で2年連続2着、過去には府中牝馬Sを勝って東京競馬場で結果も残しているので掲示板どころか勝機があるだろう。

・リピーター多し

あと過去データを見ると、同レースで3着以内に好走している馬は狙い目。昨年の勝ち馬・ジュールポレールをはじめ、連覇したストレイトガールとヴィルシーナ、他にもホエールキャプチャ、ブエナビスタなど年をまたいで馬券に絡むことが多い。今年だと2017年2着のデンコウアンジュがリピートするかも。

それらに前走の中山牝馬Sで久しぶりに勝利したフロンテアクイーン、最内枠に入ったアマルフィコーストを組み合わせて5頭ボックスの完成だ。馬番だと「1・3・8・11・18」。さすがに2000万はつかないが、そこそこ配当には期待できるだろう。6000円が数十万に化けるかも。ボロ儲けに期待!

参照元:JRA公式サイト
予想:マンバくん万馬券原田
執筆:万馬券原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24