鶏から揚げが丼の半分を覆う! 横浜駅『濱そば』の「鶏から揚げそば」がカリカリで満足度高し / 立ち食いそば放浪記:第164回

サクッとした衣の奥からにじみ出る肉汁。から揚げを嫌いな人っているんだろうか? 少なくとも私(中澤)は会ったことがないが、もし、から揚げなんて見るだけで吐き気がするという人がいればこの記事は辛い内容になるかもしれない。

なぜなら、今回ご紹介するそばは、デッカイから揚げの乗ったそば。丼の半分を覆う大判から揚げが大満足の店なのである

・巨大駅にひっそりたたずむ

その店があるのは横浜駅。6社局が乗り入れる日本有数のターミナル駅である同駅は乗降者数も日本屈指だ。読者の中には、今朝この駅を利用した人もいるかもしれない。

だが、巨大な駅であればあるほど、普段利用する経路以外の場所は意外と知らないもの。南改札内の南口コンコースにひっそりとたたずむ『濱そば』の存在をあなたは知っているだろうか

・コスパ重視

シックな色使いが立ち食いそば屋というより喫茶店のように見える外観。しかし、そのメニューは「けんちんそば(税込500円)」や「いなりセット かけ(税込390円)」など、シャレオツさよりはコスパ重視という感じだ。

その意気や良し! というわけで、「鶏から揚げそば(税込460円)」の食券を購入。カウンターで渡すとすぐにそばが出てきた。

から揚げでッッッッか

通常から揚げと言えば、ひと口サイズのコロッとしたものを想像すると思うが、ここの鶏から揚げは幅広で丼の半分を覆いつくしている。1個というよりは1枚という感じ。さっそくから揚げにかぶりついた!

カリカリッ!!

立ち食いそばはじめファストフードのから揚げと言えばふにゃっとした衣のものも多いが、ここのから揚げはちゃんと衣にカリッとした食感がある。そして、衣の中からあふれ出す肉汁……美味C

・安いし早い

つゆは甘みの強い醤油味。そばは若干ふにゃっとした立ち食いクオリティーだが、肉汁が溶けだしたつゆはコク深い。そばが進む味で、460円であることを考えると満足できるものだ。

回転が早いため、あまり待つことなく入れるのもまた良しなこのそば屋。神奈川県に数店舗あるので、見つけた際にはツルッと一杯いかがですか?

・今回紹介した店舗の情報

店名 濱そば 横浜店
住所 神奈川県横浜市西区高島2丁目16-1 JR横浜駅 南改札内
営業時間 月~金7:00~23:00 / 土7:00~21:00 / 日10:00~20:00
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ち食いそば放浪記


Source: ロケットニュース24