「学校なんか行かなくていいよ」そう言えたら楽だろうけど、その度『耳をすませば』の言葉を思い出す

mmw

本当にこの言葉は重い。

「学校なんか行かなくていいよ」そう言えたら楽だろうけど、その度『耳をすませば』のこの言葉を思い出す。

雫のお父さんの言葉

学校に不適応気味の子どもを持つと、親としては子どもの意思を尊重してあげたい気持ちと、集団生活の中で自分の居場所を見つけて欲しい気持ちが何度も何度も去来して、日々葛藤する。「学校なんか行かなくていいよ」と言えたら楽だろうけど、そのたびに『耳をすませば』の雫のお父さんの言葉を思い出す pic.twitter.com/r7cqEl1PR6

— クルクル (@krttn78) 2019年5月6日

https://platform.twitter.com/widgets.js


このお父さんの言葉はずっと自分に響いている

これな https://t.co/501X00osI1

— ケーシー@平成は禁酒 (@kc_drunker) 2019年5月7日

https://platform.twitter.com/widgets.js

私もこの言葉よく思い出す! https://t.co/0CLwloFiYE

— kahu ma'i (@i_kahu) 2019年5月7日

https://platform.twitter.com/widgets.js

わたしも、この言葉いつも胸にある。 https://t.co/EoIHlI3KWe

— 常夏夏子 (@natsu2016july) 2019年5月6日

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: COROBUZZ