目黒雅叙園(がじょえん)で開催中の猫の展示に行ってみた結果 → 会場入りすることなく帰りそうになった

JR目黒駅から徒歩10分くらいのところにある、目黒雅叙園の百段階段。以前ロケットニュースでも内部の4K動画を公開した、東京都の有形文化財だ。あるいは、定期的にネットで話題になる豪華すぎるトイレのある場所といえばピンとくるだろうか。

2019年4月26日から5月19日までの期間、こちらで猫がテーマの「福猫展2019」が開催されている。たまたま猫な気分だったのと、百段階段もいつか見たいと思っていたのでさっそく行ったところ、展示会場に入ることなく帰りそうになったでござる

・エレベーター

メインの福猫展は、ホテル雅叙園東京の敷地内にある百段階段で開催されている。ちなみに入場料は大人の当日券が1600円。ネットで買うと1300円になる。子ども料金などその他の詳細は公式HPを見ていただきたい。

展示会場は敷地内の百段階段だが、そこへはホテルのメインエントランスから入ってすぐ左手のエレベーターに乗って上にあがればいい。チケットを受付で見せて、エレベーターに向かうと……

こんな強そうなエレベーターの扉初めて見たぜ……。

正体は不明だが、なんだか青い……獅子? あと牡丹だろうか。光を反射して虹色に輝いて見えるのは螺鈿(らでん)だろう。ということは、背景の黒地は漆塗りに違いない。いったい幾らかかってんだよこれ……

ちなみに螺鈿とは、貝殻の内側のキラキラしてる部分を使って模様を描く技法のこと。作業工程が違うが、ギターなどのインレイが見た目的には似たようなものだ。

さすがは高級ホテルだなぁ。あ、エレベーターきたし乗るか。

エレベーターやべぇぇぇえええええ! 一面に螺鈿細工でキラッキラしっぱなしで銀河を感じるレベル。扉だけかと思ってたら中はもっと凄かった。もはやこれだけで一大作品である。

あっけにとられている間に、下りるべき階についてしまった。仕方ないので降りるが、正直もっとじっくり見たい。名残惜しさを感じつつ閉じたエレベーターの方を見ると……

扉の柄が1階と違ってるゥゥウウウウウウ!! 今度は一面の牡丹に蝶まで飛んでるしキラキラ感半端ねぇ! やっぱり中ももう一回見るしかねぇだろオイ! ということで下に降りるエレベーターに乗り込むことに。

ふぅ……いい物見させてもらいました。さすがは雅叙園、こんな凄い螺鈿細工は滅多に見られるものではない。雅叙園のエレベーターはマジで凄いので、皆さんもGW中に、是非行ってみてください。

……

……

えっ、猫は?

なんということだ。猫がメインの展示を見に来たはずなのに、猫要素がまったく無いまま帰るところだった。よく考えたら展示エリアにすら到達していない

ということで猫を見に会場まで行くと……階段すげぇ! 百段階段とはいいつつも、本当は99段しかないこちら。1段足りないながらも、木造の階段が細い通路に延々と続いている様子は異次元感がかなりある。これだけでも一見の価値はあるだろう。

建築自体がかなり古いため、最近ではレアな構造がそこかしこに見受けられる。ネジをくるくる回して引っ張って開けるタイプの、令和生まれを殺せそうな鍵。いや、もしかしたら平成生まれも殺せるのでは?

窓ガラスも、よく見ると微妙に波うっているのが分かる。大正や昭和に当たり前だった手延べガラスだろうか。昔は当たり前だったが、最近じゃもはや特注しないと手に入らないとかなんとか。

階段の途中では謎の行き止まりや怪しげな窓が沢山並んでいて、百段階段だけでも楽しい。両サイドの窓がいったいどこに繋がっているのか気になって仕方が無かったので、70段目くらいのところにある窓の隙間を覗き込んでみたところ、普通に外で地面が見えた

建物の中に階段があるというよりは、めちゃくちゃ細長い階段の両サイドに小部屋をいくつもくっつけたような構造なのだろうか? なんとも不思議な造りである。

おっと……エレベーターの次は古い建築様式や百段階段に気をとられてまたしても猫を忘れるところだった。ということでここらで猫の紹介をしよう。

猫は、先述の通りのクラシカルな建築の中に、唐突にデカい像が立っていたりするぞ。

あるいは、壁にはなんだか平安時代とかそれっぽい感じの、着物のお姉さんの絵が描かれていたり……

めちゃくちゃ立派な彫刻の柱が建っていると思ったら……

ネコ耳姿のフレディ・マーキュリーがいたりする感じだ

お分かりいただけただろうか? もう少し詳しく述べるなら、ネコ耳姿のブライアン・メイもいるぞ

・見どころたっぷり

この他にも、まねき猫の像が沢山並んでいたり、源氏物語の1シーンを猫で表現した作品があったりと、猫好きなら癒されること間違いなしな展示となっている。

ただ、筆者のようにちょっと猫な気分だったからという程度の生半可な状態で見に行く人は気をつけて欲しい。油断したら、立派すぎるエレベーターと、見ごたえがありすぎる百段階段にやられてしまうだろう。

GWの予定がまだだという方は、是非足を運んでみて欲しい。猫好きはもちろん、猫を見なかったとしてもかなり楽しめるハズ。エレベーターを見たら、百段階段と展示を見て、その後は金箔張りのトイレを見るのがお勧めだ! 

参考リンク:目黒雅叙園
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24