平成最後のプレミアムフライデー! 10連休前でも15時に帰れよ~!!

お~い! 今日はみんな大好きな月末の金曜日。すっかり “時報的な存在” として定着した「プレミアムフライデー」だよ!! 10連休前? そんなの関係ねえッ! 平成最後の出勤日? そんなの関係ねえッ!!!! 15時に帰れ、必ず帰れ! 働き方改革じゃーーーッ!

……とは言っても、そう易々と帰ることができないのは、プレミアムフライデー開始から2年経って十分に学んだはずだ。導入に関して興味深い資料があるので、紹介したいと思う。

・まさかの導入中止

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」は10~70代の男女781人を対象に、プレミアムフライデーに関してアンケート調査を行った。2019年4月初めに発表した結果によると、2018年1月の段階で「勤め先でプレミアムフライデーが導入された」と答えた人は全体の6.9パーセントだったのに対して、今回は5.5パーセント……。

減っとるやないか!

ちなみに今回調査で、「導入されたが中止となった」と答えた人は1.6パーセント。「導入されていない」が90.3パーセントとなっている。

・もういいんじゃね?

ぶっちゃけ、もういいんじゃないの? 新元号になることを機に、しれっと終わってしまっていいんじゃないのかな~。だって、2年も経ってるのに、導入割合が3割にも満たないんだから、これはもう芽が出ないと判断すべきでしょ? 少なくとも10連休を前にして、普段よりも早く仕事をあがるなんてなかなかできないよ、マジで。

という訳で平成最後のプレミアムフライデーも私は華麗にスルーして、時間通り働く気満々であることを宣言しよう。いつの日か、15時に帰ることができるような、そんな男になりたい。令和の夢だ。

参照元:プレミアムフライデー@Press
執筆:佐藤英典


Source: ロケットニュース24