【ガチレビュー】実写映画『キングダム』にどうしても集中できなかった3つの理由

キングダムを愛しています。もし地獄の入口で閻魔様に「ウソだったら舌引っこ抜くからな?」と言われても、ためらいなく言える。私、P.K.サンジュンは「キングダムを愛しています」と──。

そのキングダムの実写版映画が2019年4月19日、いよいよ公開される。実写化には付き物の、また熱烈なファンが多いからこそ批判的な声もあった『映画キングダム』だが、果たしてどんな作品に仕上がっているのか? 一足先に同作を鑑賞できたので正直にお伝えしたい。

・本気のキングダムレビュー

まず断っておくと、今回我々ロケットニュース24は本気である。試写会には「NOキングダム NOライフ」を自負する4名のキングダムファンが足を運んだのだが、1本の記事にまとめずにそれぞれが1本ずつ記事を執筆することにした。

東宝や集英社は関係ない。全ては原作者である原泰久先生に悲しい思いをして欲しくないがためである。脚本には原先生ご自身が参加し「早くみなさんに観て欲しい」と語る今回の映画をコケさせてなるものか。これは我々なりの恩返しなのだ。

だからこそ、映画を観て感じたことはいい点も気になった点も率直にお話しさせていただくつもりだ。私が1番好きな麃公でも同じことをするハズ。王からあった幾度もの召集に応じなかった麃公ならば。バハァッッ!!

・キャラの完成度が素晴らしい

さて、映画『キングダム』の感想だが、ハッキリ言って悪くなかった。むしろ良かった。最大の理由は漫画とのキャラのブレが少ないことで「こんなの信じゃない!」なんて批判はかなり少ないのではなかろうか? むしろ吉沢亮さん演じる政と漂は、政より政で漂より漂であった。

また、ストーリーもコミック第5巻までがコンパクトに収められており、端折った感もない。当然ながらコミックにはかなり忠実だから、原作ファンも違和感なく楽しめるハズだ。

ただし──。

映画の中盤あたりから、どうしても気になるポイントが3つ出てきてしまった。結論から言えば「全て仕方がないこと」なのだが、それでもこの3つが私の集中力を散漫にしたことは事実である。逆に言えばこのポイントを先に頭に入れておくことによって、映画により集中できるハズだ。

・その1: 王騎のオカマ口調が気になった

大沢たかおさん演じる王騎は、コミック同様映画でも重要なキャラクターである。体のサイズやビジュアルは素晴らしく王騎であったが、その王騎がしゃべり始めた瞬間、私は「ファ!?」と面喰らってしまった。王騎のオカマ口調がどうしてもすんなり入って来なかったのだ。

原作の王騎がオカマ口調なので、映画の王騎がオカマ口調なのは当然である。むしろ映画だけ普通の口調になっていたら、それこそ非難されてしまうだろう。それでも「ンフゥ♡」のたびに “絶対に笑ってはいけない” 的な感覚に襲われたことは正直にお伝えしておく。王騎はオカマ口調、これは改めて頭に叩き込んでおいた方がイイ。

・その2: 濃厚な見せ場のラッシュが気になった

キングダムの魅力の1つに「ズバッとカッコいいセリフ」がある。例えば政の「俺は中華を統べる最初の王になる」なんてのは、映画でも欠かすことが出来ない重要なシーンだ。そしてその演技は、サラッとしたものではなく濃厚な芝居になるのが当然であろう。

先述のように、映画はコミック5巻までが再現されているが、政だけでもたっぷり濃厚なシーンが何度かあった。これは邦画特有のある意味での “見せ場” なのだが、後半になるにつれ「また濃厚なのがキタ」とやや胸焼けを覚えてしまったことも事実である。どれもカットできない重要シーンなので仕方ないが「そういうもの」と心得ておこう。

・その3: 楊端和の太ももが気になりすぎた

長澤まさみさん演じる楊端和。原作通りの圧倒的な美貌は「死王」の名にふさわしい。どうしても血祭りにされる必要があるならば、まさみ端和様一択だ。だがしかし、その美貌がゆえに映画に集中できなかったことも事実である。特にまさみ端和様の太ももは眩しすぎた。

馬上の太もも、そして戦闘中の太もも。いまだかつてここまで白く眩しい太ももがあっただろうか? 太ももはここまで輝けるのか? 真面目な話、まさみ端和様の太ももに集中力を乱されたくない人は、サングラスをかけた方がいい……かもしれない。

……と、ここまで述べてきたが、逆に言えば気になったのは3点(実質2点)のみである。実写映画化、そしてキングダムという超ビッグタイトルであることを考えれば、大健闘と言えるのではなかろうか? ズバリ、映画館に足を運んでも損はしない。

とにもかくにも、キングダムファンならば絶対に足を運ぶべき実写映画版のキングダム。お前ら、原先生に悲しい思いをさせるわけにはいかんだろ? 四の五の言ってないで映画館へ行け! 映画『キングダム』は2019年4月19日公開だ。

参考リンク:映画「キングダム」公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:(c)原泰久 / 集英社、(c)2019映画「キングダム」製作委員会


Source: ロケットニュース24