「日本で会社の上司がキレるってマジ?豪だと…」これは部下を持つ人が全員知っておく事かも

oj

この事実はぜひとも多くの管理職に届いてほしい。視点の変換が必要だよ。

英語力ゼロから留学する人を全力で応援する人『ちーや(@chiyahenyMel)』さんが投稿した、オーストラリア人との会話に注目が集まっています。これは部下を持つ人が全員知っておく事かも。「日本で会社の上司がキレるってマジ?」

まさしくそう思う…

オージーと話してて

‍♂️『日本で会社の上司がキレるってマジ?』

僕『マジだよ、それが嫌で辞める人も多いんだよね』

‍♂️『え、そうなん?豪だとキレた上司の方が即刻クビだよ』

僕『え?』

‍♂️『キレる=マネジメント力の欠如だし,そんな人の下では誰も働かない』

僕『』

まさに文化の違いである。

— ちーやメルボルン (@chiyahenyMel) 2019年4月17日

https://platform.twitter.com/widgets.js

自分がおかしいと思うことには徹底的にNoと言える社会的同意が根底にあって、それを誰もが主張できる文化がオーストラリアにはある。
だから移民の多いオーストラリアの職場でもフラットな関係性を築けるのだろうし、大学でも歳に関係なく人の話に耳を傾ける人が多かった。

— ちーやメルボルン (@chiyahenyMel) 2019年4月17日

https://platform.twitter.com/widgets.js

さらに続きます

ちなみにこれは、会社と客の間でも成立する。
友人の職場に来たお客が理不尽にキレて対応できなくなった時、上司が出て来て
『あなたが会社を自由に選べるように、私達にもお客を選ぶ権利がある。また来世で会いましょう』
と言ったらしい。
この社会では感情的になった方が負けなのである。

— ちーやメルボルン (@chiyahenyMel) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

ちなみにだけど、フラットな関係性というのは、おかしいと思ったことを対等の立場で主張できる関係性のことであって、悪態をついて良いというわけではない。
オージーは比較的フレンドリーだけど、対人関係におけるマナーまでオープンではないし、踏み込んではいけないものもたくさんある。

— ちーやメルボルン (@chiyahenyMel) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

豪の上司と部下の関係性についてもう少し掘り下げると
『もっと良い情報共有システムない?最近のは全然わかんなくてさ』
と、上司であっても部下から学ぼうとする人が多く、部下もそれに応えようと頑張るらしい.
歳の差に関係なく部下と一緒に成長していくマインドが、フラットな関係性を築くのである.

— ちーやメルボルン (@chiyahenyMel) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

学べるところは学んでいきたい。こういう考え方もあるということを頭に入れておくことが大事。

「日本よ。今すぐそうしてくれ」・「文化の違いってすさまじい」・「誰とは言わないけど上司に見てほしい」

「この考え方が正しいと思う」

これ、本当です(経験談)
辞めないにしても、キレた人が正しい・正しくないに関係なく、キレた方はキレた事に対してしっかり謝罪して、そこから話が次に移ります
キレる以外にも悪口が発覚、一方的に決めつけ批判等の失言も、この流れになることが多いです

— Toi@キャンベラ (@RyleeJPN) 2019年4月17日

https://platform.twitter.com/widgets.js

外国人「働きすぎて死ぬ民族がこの21世紀にもなって存在するとかマ?」

ってアメリカで聞かれましたね

— ニクタイデカスギP (@f13306_e653) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

ニュージーランドでよくキレる経営者に出会ったことがありますが、部下が全員辞めてって最終的に完全に一人になってました。
自分の感情のコントロールができないのに、組織をコントロールするなんて、まず不可能ですね。

— Nancy@英語教育関連 (@Nancy_chan_1) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

本当に部下のことを考えてくれてる上司は、

できないことをどうできるようにするか、
困ったことを解消できるようになる
手助けをしてくれますもんね

自分が若い時はキレられて働いてきたのかもだけど…そんなの関係ない。

キレるのは相手のためじゃなくて、"自分のため"にすること…でよねぇ…

— たけ❣️勇気のスペシャリスト (@Hirota_Kei_) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

オージーと勤務した事ありますが、怒った様な態度で部下やスタッフに接したとこ見た事ないです。ディベートがとても上手で、いつのまにか丸め込まれ⁉︎てしまいます。人間力、コミュ力も鍛えられてる感じでした。

— どくろコイン (@dokurocoin) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

「体と、仕事どっちが大事なの? 具合が悪かったら、休むべきなんて当然だろ?」と、オージーに言われたのを思い出した。

うん、まあ、当然だよね。
あんたが全面的に、正しい。

— ぢみせん 古典の中の心気の字 (@zinisen55) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

これ真理ですね

『キレる=マネジメント力の欠如』

— マルコ年収2,500万 (@marco_biz_man) 2019年4月18日

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: COROBUZZ