そんな斬新な方法が!(笑)予想外デシタ不動産屋さん話8選

tochi

予想外デシタ!不意打ちの一言!

不動産屋さんエピソードに…色々あり!

1

部屋の内見をしていると、不動産屋がそわそわしているので怪しいと思い、畳をはがしてひっくり返したところ、びっしりと御札が貼られていました。「何だこれは!」と不動産屋に詰め寄ると、「ハロウィンの飾り付けです!」と言われ、そういえばもうそんな時期かと思い、畳を元に戻しました。

— かけら花火 (@KAKERAHANABI) 2016年10月20日

https://platform.twitter.com/widgets.js

2

客「この物件気に入りました」

不動産屋「ありがとうございます。ただ、隣に保育園ができる予定で少々騒音が…」

客「私、子供の声は気になりませんよ」

不動産屋「いえ、近所に住む保育園建設反対派の方々の抗議が連日うるさくて…」

— shelfall (@shelfall) 2018年8月6日

https://platform.twitter.com/widgets.js

3

不動産会社に勤めてたっていう人に「事故物件的な怖い話しあります?」って聞いたら「自分は元空手部だったから重宝された。事故物件があると後輩十人くらい連れていって一時間ほどひたすらハァアア!って叫んだ。それで除霊出来るらしくて1回3万貰ってた」
寺生まれだとかの前置きさえなかった。

— きゅーび (@9bee_16) 2019年4月7日

https://platform.twitter.com/widgets.js

4

不動産屋で「ペットは飼われますか?」って聞かれたから「文鳥なら…」って答えたら「ああ!文鳥は魚なので大丈夫です!!」って快活に言われた。

文鳥は魚!!!!

— ひまそら (@himasora) 2018年10月17日

https://platform.twitter.com/widgets.js

5

今日不動産屋と何軒か物件を見に行って、わたしがヤバそうなオジさんが多い場所は嫌です…って何度も言ったせいか「ここの地区はヤバいおじさんかなり多いです」とか「ここはチラホラヤバいおじさん居ますけど危害を加えて来ないので大丈夫です」とかヤバいおじさん情報がどんどん集まって来た

— みつ (@mimimimimitsu32) 2019年3月16日

https://platform.twitter.com/widgets.js

6

不動産屋「この2階の部屋実は訳ありで」
私「(知ってた)」
不「前の住人が亡くなってて…」
私「(大島てるで見た)」
不「一階の大家さんと騒音問題で揉めたが故の事件だったんですが…」
私「(えっ殺人現場…?)」
不「1階にまだ大家さん住んでるんですよね」
私「やめます」

— 林野 (@hayasino) 2015年8月8日

https://platform.twitter.com/widgets.js

7

業歴20年のベテラン不動産屋さんが、わけあって今年は宅建を受験するらしく。参考書を持ち歩きながら「いやー。4択なら私の経験値で出来るだろうと思ったら、いつも会社でやってることが業法違反だったりして、その経験ってやつがかえって判断の邪魔になるんですよね。」と混乱していた。

— どエンド君 (@mikumo_hk) 2017年10月3日

https://platform.twitter.com/widgets.js

8

昨日わけあって初めて不動産屋に行ったら「駅から徒歩何分くらいいけます?」と聞かれ「15分くらいは…」と答えると「歩けますね!歩けると物件増えますよ!今の人歩けないですからね。大体3.4分とか。歩けるのまじ強みですよ!」と興奮気味に言われ現代人に何が起こってるのか心配になった。

— 入手杏奈 (@nnaeii) 2017年2月11日

https://platform.twitter.com/widgets.js

Source: COROBUZZ