スタバの新作が待ちきれなくて…1粒1000円の高級イチゴとアイスで “それっぽいの” を作ってみた / ストロベリーベリーマッチフラペチーノ以上にベリーマッチ!

元々それほど興味はなかったのに、周りが「これスゴイよ」と言っているのに影響され、次第に自分も「そんなにスゴイの? マジ?」となり、やがて気になって仕方がなくなる──という体験を、誰もが1度はしたことがあるかと思う。

私にとってはまさに今回のスタバの新作がそうで、当初はまったく興味がなかった。スタバの新作なんて頻繁に発表されるし、1年前にも同じようなもの出ているし、そもそもただのドリンクでしょ? くらいに思っていたのだが……話題っぷりがハンパないのだ。

・話題の新作

新作『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』が2019年4月11日から発売される。──と発表をしたスタバ公式アカウントのツイートは、1日で5万以上リツイートされ、15万以上の「いいね」を集めた。

また、各メディアも “超いちご” だとか “いちご以上にいちご” だとか、“いちご過ぎる” みたいな感じのタイトルで、いちご感をプッシュしてバンバン報じまくっている。すごい話題だ。それらを読んでいるうちに……

私は気がつけばコンビニに走っていた以前の記事でも紹介したファミマ限定のアイス『たべる牧場いちご』をアレンジしたら、スタバの新作と似たようなものが作れるんじゃないのか? って気がしたからだ。

ただし、コレだけではイチゴ感が足りないはず。だって、『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』なのだから。もっと強烈なイチゴ感が欲しい。何かないだろうか……

悩んだ末に、結局私は伊勢丹に行き、2粒で2000円を超える高級イチゴ(まりひめ)を購入した。

これで “いちご以上にいちご” な感じになるはず。下手したら、『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』よりもイチゴ感強めになるのでは?

すでに勝ったな……と思ったが、ついでに伊勢丹の地下でホイップクリームも買っておこう。さらにスタバでエスプレッソを購入したら、準備は万端整った感じがした。

念のために、買った材料を購入価格とともにまとめておくと以下のような感じだ。

【材料と購入価格】

・たべる牧場いちご(208円)
・ホイップクリーム(594円)
・エスプレッソダブル(378円)
・高級イチゴ(1粒1080円 / 2粒2160円)

作り方は大体想像がつくだろうが、これも念のために記載しておこう。なお、以下はあくまでも私がそう作ったというだけで、他にも様々なアレンジがあるから色々と試してみてくれ。

【作り方】

1:いちごを適当に小さくする

2:「たべる牧場いちご」を適度に溶かしつつ、好みでエスプレッソを投入

3 :「たべる牧場いちご」にいちごを投入

4:ホイップクリームをかける

5:完成(好みで上にいちごを乗せるのも美味しそう!)

──以上……なのだが、新作の『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』はレッドとホワイトの2種類が用意されているので、味は1つではない。今回の「たべる牧場いちご」アレンジバージョンは、その2つをミックスした味を大まかにイメージしたもの……と思ってもらえれば幸いだ。

また、エスプレッソの分量は各自好みで調整してくれ。正解があるものではないし、正解があったとしても『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』とは味が異なるだろう。

とはいえ……!

『たべる牧場いちご』のアレンジバージョンだって文句なしにウマい。1つ2000円近くかかってしまったが、予算を抑えたければ安いイチゴを使えばいい。私が高級イチゴを使ったのは、経費で落ちるからだ。

自腹だったら絶対に安いイチゴを使う。というか、そもそもイチゴさえ使用せずに、イチゴポッキーとかで代用するかもしれない。

「それじゃあイチゴ感が足りない」と思うかもしれないが、どうしてもイチゴ感にこだわるのならフラペチーノを買うのではなく、イチゴをそのまま食うのがベストではなかろうか。

……と、やや乱暴な意見になってしまったが、『たべる牧場いちご』とイチゴの相性が良いのは間違いない。この2つを組み合わせれば、よほど斬新なアレンジに走らない限り、“イチゴ風味の美味しいもの” になるはずだ。

『たべる牧場いちご』とイチゴは、『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』以上にベリーマッチと言っても差し支えないだろう。

……「それ言いたかっただけやろ」と思った人よ、正解だ。

[完]

参考リンク:Twitter @Starbucks_J
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24