『令和』にちなんだ「ヤフオク!」出品相次ぐ / 令和(reiwa)を含むドメインの最高額はなんと2000万円!!

2019年4月1日、新元号の「令和(れいわ)」が発表された。発表直後から新元号商戦は加熱し、早くも「令和」の名前を印字した商品の販売を開始する店舗や企業が相次いでいる。フリマアプリの『メルカリ』では、配布された新聞の号外が続々と出品され、その日のうちにかなりの数が「SOLD」となった。

そして数日経った今も、オークションサイト『ヤフオク!』で令和と検索すると3000件以上の商品がヒットする。そのなかでも特に高い値段(即決価格)が設定されているのはドメインだ。

・安いものは800円

『ヤフオク!』を見ると、コカ・コーラやハイチュウなど、1日限定で配布されたものまで出品されている。また、「令和セール」と称して、新元号にこじつけて商品販売しようとする出品者もいる状態だ。それらに紛れてドメインの出品も見受けられる。

もっとも安いもので価格(2019年4月3日20時現在)は800円。即決価格が設定されておらず、ドメインで儲けようという気があるのかは分からない。ただ、その一方で問題は高額出品の方だ。

・高いものは2000万円!

もっとも高いものは即決価格2000万円が設定されている。いくら話題性があるとはいえ、2000万とは……。しかもそのドメイン名を見ると、それほど美味しい文字の並びではない。はたしてこのドメイン名に2000万円の価値があるのか……。

「平成」の時代はあと1カ月足らずで終わり、いよいよ「令和」時代が幕を開けようとしている。新元号にあやかる気持ちは良くわかるのだが、高額なドメインをムリに購入するのはやめよう。ドメイン名も大事だけど、あくまでも冷静な判断を。

参照元:ヤフオク!
執筆:佐藤英典
イラスト:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24