【激安】横浜駅前の大ビジョンが2週間映像を流して〇〇円で半額セールまでしてる件 / 6時間で最低24回放映! 安すぎるので申し込んでみた

突然だが、あなたには夢があるだろうか? 夜寝て見るヤツではない。目標という意味での夢だ。バンドマンである私(中澤)には夢がある。それは街中で自分の音楽がかかること

しかし、そんな夢が意外とあっさり叶うかもしれない。なんと、横浜駅前の大ビジョンが現在半額セールを実施中なのである。期間は2週間で1日6時間のうち最低24回放映! 気になる値段は〇〇円!! 安すぎィィィイイイ

・ピンと来ない人のために

半額セール中のビジョンの名は「YOKOHAMA VISION(ヨコハマビジョン)」。横浜駅前に新たに登場した「横幅4m / 縦2.5m」の街頭ビジョンである。1枠の放映時間は15秒。最安値は2週間のプランで、1日のうちの6時間中に最低24回放映されて5万円だ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

この価格にピンと来ない人もいるだろうから参考までに例をあげよう。新宿ヤマダ電機の大ビジョン(ユニカビジョン)は2週間で190万円(1日72回)。大型ビジョン.comによれば、渋谷スクランブル交差点TSUTAYAの大ビジョン(Q’S EYE)は1日60回で2週間流すと184万円である。

プランがそれぞれ違うため単純に比べるのは難しいが、街の規模を考えると横浜駅前で2週間、1日6時間5万円は安すぎる。そんな通常料金でも激安なのに、ここからさらに半額になるのだ。正気か

・申し込みしてみた

ともあれ、2万5000円くらいなら個人でも買うことができる値段。そこで問い合わせてみたところ、さっそく運営している株式会社オープンコルクから申込書が送られてきた。個人で申し込みする際に記入する項目は以下の通り。

・担当者名
・電話番号
・住所
・メールアドレス
・放映する内容
・希望の放映プラン(放映開始日、放映期間など)

──繰り返すが放映できる動画は15秒。しかし、必ずしも時間が限られている訳ではない。例えば30秒の動画を流したい場合、プランを2つ購入すると可能なのだとか。すなわち、2万5000円のプランで30秒の動画を流すと5万円になる。

また、放映データが無い場合、制作してもらうプランもあるようだ。この場合、折り返しの連絡で打ち合わせする形となるという。私は、自分のバンド「フリサト」のMVを15秒に編集して申込書と共に送ってみた。

・動画の基準

この後、オープンコルク側で動画の確認が行われ、問題がないようならいよいよ入金となる。ちなみに担当者に聞いたところ、動画サイズは「横1920 × 縦1080」の16:9が望ましく、飲食店に設置しているもののため競合するような動画広告の同時放映は避けるとのこと。審査のラインはそこらへんになりそうだ。

この半額セールの募集期間は2019年4月1日から5月31日まで。はたして、横浜の街にフリサトが鳴り響くことはあるのか? 結果は追って報告したい。

と、筆をおこうとしたところ……

オープンコルクから返信が!

書類に不備でもあったんだろうか? まあ、初めてだし仕方がないか。と思いきや……

オープンコルク「問題ございません!」

──データ確認早すぎィィィイイイ! こちとら2~3日は待つつもりでいたのに、なんだこの異常な確認速度は。本気で応募が少ないのかもしれない。

ともあれ、これで後は入金さえすれば、横浜駅前大ビジョンで私のバンドが流れるわけだ。ちなみに、流れるのは入金確認後の翌週水曜日から2週間とのこと。ゴールデンウィークを狙っていくので、横浜駅前に行った際は思い出していただけると幸いである。

・YOKOHAMA VISIONの詳細

場所 横浜市西区南幸1-2-9 横浜プリンス会館ビル側面(鶴屋町方面側)
画面サイズ モニタ:w4000 x h2500(mm)180インチ
ハード フルカラーLED
音響 画面左右に設置(ステレオ放映)

参照元:YOKOHAMA VISION、Twitter @yokohamavision大型ビジョン.comYUNIKA VISION
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24