「重くて暗い気持ちもどこかへ消えた」ワンオペ育児でいっぱいいっぱいだった頃、救ってくれたのは…

kgg1

優しさとフレーズにじわっときた。。。

子供が絶賛イヤイヤ期。ワンオペ育児でいっぱいいっぱいだった頃、救ってくれたのは…

「重くて暗い気持ちもどこかへ消えた」
出典 / open2ch

何だか懐かしくなったので流れ豚切りで書き込み。

二十年以上前の話。

長男がイヤイヤ期真っ盛りの頃、とにかく疲弊してた。

とりあえず何でも嫌、ママ嫌い!の言葉、夜泣き etc……

よくあることだけど、主人が激務の中、ほぼワンオペの育児でいっぱいいっぱいだった

主人も可能な限り手伝ってくれてたけど、それもすごく申し訳なかった。家事も育児もできない自分はなんて情けない嫁なんだろう、って。

睡眠時間が短いこともあってイライラとそれを押さえる狭間にいて、子供に手を上げることだけはしないようにと毎日自分を押さえつけるようにして生きてた

何に対しても面白みを感じられなくなって、家の中に取り残されてるような閉塞感で、多分限界だったんだと思う

見かねて主人が、私に断って遠方に住む義母を呼んでくれた

(私両親はどちらも死別、義母とは良好な関係)

義母は早朝に自宅を出て、午前中にうちへ来てくれた

私に気を遣いながらも家事を全て請け負ってくれて、寝させてくれた

まとまった睡眠なんていつぶりだろうと思いながら、少しだけ寝ようと思ったら、夕方まで爆睡してしまった

慌ててリビングへ行ったら、

「顔色が少し戻ったわね、よかったわ」って言ってくれた。

私の分のご飯を作ってくれてた。久しぶりの暖かいご飯に涙が出た。

ご飯を食べ終わってしばらくして、長男はイヤイヤモードに入ってギャン泣きし始めた。

またか……と少し重い気分になったとき、義母が

「このビチビチマグロ具合、あの子(主人)とそっくり!きっと遺伝よ!」

って笑ってた。

こう、なんていうかその言葉にパーッと視界が開けたのね。

この陸に揚げられた魚状態は普通のことで、私が何か間違ってたわけじゃないのかーって。上手く言葉にできないけど、おかしかったのと安心したのとで、泣き笑いしてしまった。

義母は「やっと笑ったね、大丈夫だからね。私もあの子(長男)も、あなたの味方だからね」って言ってくれて、もうそこからは目が腫れるまで泣き続けた

そこからは、憑き物が落ちたように重くて暗い気持ちもどこかへ消えてしまった。

長男がビチビチマグロ状態になっても、義母の言葉を思い出して笑いながら余裕を持って対応できるようになった。

先日義母と温泉旅行へいったときにこの話になって、懐かしくなったので。

昔の話失礼。とにかくパワフルで明るくて優しい義母を自慢したかった。

Source: COROBUZZ