【ポケモンGO】EXレイドでデオキシス(ディフェンスフォルム)と戦ってきた / ゲットチャンスは楽勝だが…

2019年3月28日より、EXレイドバトルにデオキシスのディフェンスフォルムが登場した。これまでノーマル → アタックときて3つ目のフォルムで、今のところ約3カ月に一度のペースで変更されている。

運良く黒いEXレイドパスで招待され、すでに一戦交えたトレーナーもいるだろう。記者もフレンドのパスシェアの恩恵で、初日からゲットチャンスに恵まれた。デオキシスのディフェンスフォルム、どんな感じだったのかお伝えしよう。

・これまでのデオキシス

ディフェンスフォルムの対策ポケモンは以前に公開した記事を読んでもらうとして、まずは過去のデオキシスの動きから振り返っていこう。ゲットチャンスにおいてはノーマル、アタックともに威嚇(いかく)で前に出たときに隙が生まれた。

ノーマル → 勢いよく突っ込んできた直後

アタック → 両手を振りながら前に出た直後

・今回も前に出た後がチャンス

そして今回も、隙のできるタイミングは似たような感じ。ちなみにディフェンスの動きは大きく分けて棒立ちしているか、ピョンピョン跳ねるか、腕を大きく振るのかの3つ。で、腕を振った後に隙ができた。ここからはボールを投げるまでの流れをザックリ説明しよう。

1. 投げたい位置にサーチをあわせる

2. 指を離して腕を振るのを待つ

3. 無防備になる瞬間を見計らってボールを投げる

こうすることでサーチした位置は動かず、より確実にボールを当てられる。エクセレントを投げるならサーチの大きさは顔くらい。決して難しいサイズではないので、腕に自信のあるトレーナーは積極的に狙っていこう。もちろん、棒立ちやピョンピョンタイムは無視でOKだ。

View this post on Instagram

デオキシスのディフェンスGET!

A post shared by 原田たかし (@haradatakac) on

・バトルも楽勝

なお、ディフェンスフォルムは防御に特化しているだけに堅守。今回、MAX20人のトレーナーで戦ったにもかかわらず、これまでのデオキシスの倍以上は時間を要した。ディフェンスの名前は伊達じゃない。

ノーマルとアタックは2人(レベル40)でも攻略できたが、ディフェンスは少数だと厳しいかも。できたら開幕でEXレイドに挑み、他のトレーナーと協力したいところだ。これから先のEXレイド、皆さんの健闘を祈る!

Report:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24