「上司が屁こき魔」 豪男性が裁判で執念の訴え / オナラによる “いじめ”の賠償請求額は2億円

どこまでがパワハラなのか? どこまでがセクハラなのか? そして、どこまでが “いじめ” なのか? ……その線引きを完璧に行うのは不可能だろう。「これは明らかにアウト〜」という行為がある一方で、判断が難しい領域だってあるからだ。

今回紹介するのもその1つ。むしろ判断が難しいからこそ、面倒な事態になったとも言える。どういうことかというと……早い話が、部下の前でオナラをしまくった元上司が訴えられたのである。

・メルボルンで起きた事案

海外サイト『FOX 8』によると、訴えを起こしたのはオーストラリア・メルボルン在住のデイビッドさん(56才)。ちなみに、メルボルンはヨーロッパ調の町並みが美しく、最近では本田圭佑選手が移籍したことでも話題になった。

それはさておき、そんな美しい街でエンジニアとして働くデイビッドさんは、上司のオナラに悩まされていたのだという。それも偶然出るオナラではなく、意図的なヤツ。

彼の話によると、その上司は近くに寄ってきた上で、お尻をデイビッドさんの方に向けて放出していたとのことだから、完全に確信犯と言える。

その上、彼らが働いていたのは窓の無い狭い部屋。地獄である。しかも、上司のオナラは1日5〜6回だったというから、もはや虐待と言ってもいいだろう。

・いじめ?

この状況に、デイビッドさんは「深刻なストレスを受けた」として裁判を起こすことに。請求額は2億円。かなりの高額だが、海外サイト『news.com.au』によると、ただ「臭かった」だけではなく、“いじめ” と感じていたもよう。

加えて、デイビッドさんは「上司が自分を追い出すための手段の1つとしてオナラをしている」とも考えていたらしい。

だがしかし、裁判所は「いじめでは無い」として、デイビッドさんの訴えは退けられることに。その判決に納得いかずに彼は控訴したというから、デイビッドさんは元上司をめちゃくちゃ恨んでいるようだ。

ちなみに、彼は裁判で元上司のことをシリアルキラー(serial killer)ならぬシリアルファーター(serial farter / 連続屁こき魔)と言っていたとのこと。

・元上司の言い分は?

また、裁判でデイビッドさんの元同僚は「元上司の屁はマジ」的な証言をしているようだから、元上司にとってはピンチ!

では、元上司の主張はどうなのかというと……「(オナラの件は)覚えていないが、1回や2回ならしたかもしれない」という感じらしい。また、「デイビッドがそう言ってたらそうなんじゃないの」と、投げやり感全開のコメントも。

もうちょっと真面目に答えたらいいのに! とも思ってしまうが、もしかしたらこの上司は、裁判だろうが何だろうが “屁” とも思ってない……のかもしれない。

参照元:FOX 8news.com.au(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24