ピエール瀧容疑者出演の映画『麻雀放浪記2020』、上映についての対応に称賛の声「一石を投じた英断」

2019年3月13日に違法薬物「コカイン」使用の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者。役者として多数の出演作を抱える俳優の薬物逮捕に、1週間経った現在も芸能界は騒然としている

そんな中、4月5日に公開の映画『麻雀放浪記2020』が上映についての発表を行った。その対応にネットでは称賛の声があがっている

・発表内容

戦後復興期の伝説の雀士である阿佐田哲也(坊や哲)が、2020年にタイムスリップするコメディである本作。斎藤工主演で、出演者の中にはピエール瀧容疑者の名前も

瀧容疑者の逮捕を受け、3月14日に「今後の対応につきましてはただいま協議中です。皆様方のご期待に添えるよう関係者一同願っております」とTwitterに投稿していた本作。そんな本作が本日20日に以下の内容をサイトにて発表した。

「この度、ピエール瀧容疑者が逮捕されたことは誠に遺憾であります。「麻雀放浪記2020」の公開にあたりましては社会的影響が計り知れないことも重々承知しております。

しかしながら映画の上映は有料かつ観賞の意思を持ったお客様が来場し観賞するメディアであり、テレビ放映またはCMなどのメディアとは性質が異なります。

このことを鑑み、「麻雀放浪記2020」製作委員会として対応について協議を重ねました。その結果、劇場につきましては配給を担当する東映の判断でノーカット公開する結論に至りました。」

──と、映画をノーカットで上映することを発表。この発表に対し、「麻雀放浪記2020」のTwitterアカウントには以下のような声が寄せられている。

・Twitter民の反応

「決断に拍手!」
「映画はこちらで見る見ないを選択できるものなので一部のクレームに忖度する過剰な対応はどうかと思っていました」
「勇気ある決断だと思います!」
「何かあれば「自粛ありき」で蓋をする風潮に一石を投じた英断を支持します」
「ピエール瀧氏が犯した罪は悪い事で社会的制裁を受けなければならないのは致し方ないと思いますが、作品には罪はない」
「そうあるべきだ!!」
「東映さんのような判断を下すところが増えていくのを祈っています」
「この決断が映画界や既存ドラマの第一歩となりますように」
「楽しみに待っています」
「英断」

──称賛の声多数。「間違った判断ですね」など東映の判断を批判するリプライも寄せられているが、ネット上ではノーカット上映を支持する声が多いもよう。

違法薬物の使用は当然罰せられるべきことだ。さらに、ミュージシャンとしても俳優としても売れっ子の瀧容疑者のコカイン使用容疑は、その影響力から違法薬物のイメージを軽くする可能性もある。

とは言え、「作品に罪はない」と考えている人は多いようだ。今回の東映の判断は、逮捕者が出ると「とりあえず放送中止」な業界に一石を投じたと言えるだろう。

参照元:麻雀放浪記2020、Twitter @mahjongg2020
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24