【予想外】『ONE PIECE』の感動シーン5選を20年来のファンに聞いてみた結果 →『エースが死ぬシーン』も『チョッパーの桜』も入らず

友情・努力・勝利。少年ジャンプにおいて三大原則と言われている言葉だ。マンガ『ONE PIECE』は、この言葉を体現したような王道少年マンガ。摩訶不思議な海を航海する主人公ルフィ率いる「麦わら海賊団」に泣かされた人は少なくないだろう。

2019年3月29日、そんな『ONE PIECE』のアニメ20周年を記念した特別番組がフジテレビで放送されることが判明した。そこで番組に先駆け、ファンに『ONE PIECE』の感動シーン5選を聞いてみたぞ。

・ファンがあげる感動シーン5選

話を聞いたのは、ジャンプで『ONE PIECE』の連載が始まってから22年本作を追い続けている30代会社員のA氏。「『ONE PIECE』は名シーンが多いので……」と選出に苦しみながらもA氏があげた感動シーン5選は以下の通り。

・その1:サンジがバラティエを去る時、ゼフに「くそお世話になりました!」と叫ぶシーン

回想を含め、ゼフに対しずーっと憎まれ口を叩いていたサンジが、初めてお礼を口にするのがクソエモいです。

・その2:ベルメールさんがアーロン一味に殺される直前、ナミとノジコに「大好き♡」と言い残すシーン

ちなみにこの回を読んだ森田まさのり先生は、ジャンプの巻末コメントで「泣いてしまった」と書いています。

・その3:ヒルルクに助けられたチョッパーが、ポロポロ泣きながらパンをかじるシーン

それまでチョッパーが耐えてきた孤独を考えると、こっちも涙を禁じえません。ここからずっと泣きっぱなしです。

・その4:アーロン編、ナミの「助けて……」からのルフィ「当たり前だ!」のシーン

このシーンはゾロとサンジとウソップの「おう」までがワンセット。感動と熱さが一体となった、個人的には一番好きなシーンです。

・その5:ルフィがエニエスロビーで世界政府に宣戦布告するシーン

ロビンの可哀想すぎる過去編からの「生きたいと言え!」からの「生ぎたいっ!」まで全部良い。この時期のルフィの頼れる主人公感は異常です。

──とのこと。個人的には『エースが死ぬシーン』は確実に入ると思っていたのだが、A氏によると「感動シーンではない」とのこと。また『チョッパーの門出シーン』よりもパンをかじるシーンに泣いたという。

なお、フジテレビの特別番組『ひとつなぎの大宴』は、MCが指原莉乃さん、生田竜聖さんの2人。出演者には、池田美優さん、上地雄輔さん、アンジャッシュ・児嶋一哉さん、アンガールズ・田中卓志さん、かまいたち・濱家隆一さん・山内健司さんが名を連ねる。

人によって様々な名シーンがある『ONE PIECE』。バラエティー豊かな出演者からはどんな話が飛び出すのだろうか? 3月29日26時25分からの放送が楽しみである。

参照元:ONE PIECE.com
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24