【悲報】TOHOシネマズが映画料金の値上げを発表! 一般1900円に… / ネット声「100円はデカいぞ」「映画館に足運ばないやつが悪い」

最近、食品の値上げのニュースがよく報じられるが、その波がついに映画にまで及ぼうとしている。本日2019年3月18日、シネコン大手の「TOHOシネマズ」が映画鑑賞料金の値上げを発表したのだ。

改定されるのは2019年6月1日からで、これにより現在1800円の一般料金が1900円に変更となる。映画ファンにとっては痛い出費増になりそうだ。

・映画料金が値上げ

先月は「赤いきつね」と「緑のたぬき」、そして今月は「ペヤング」の値上げが発表され話題になったが、ついに映画料金まで上がってしまうとは……。なんとも世知辛い時代である。

「TOHOシネマズ」によると、アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増が値上げの要因らしい。企業努力だけでは、これらの吸収は困難であるという判断に至ったようだ。

・変更後はこうなる

対象となるのは「TOHOシネマズ」名の劇場66カ所(2019年3月18日時点)で、改定により現行料金は以下のように変更となる。

「一般:1800円 → 1900円
シニア:1100円 → 1200円
ファーストデイ:1100円 → 1200円
レディースデイ:1100円 → 1200円
TOHOシネマズデイ:1100円 → 1200円
夫婦50割引(お二人で):2200円 → 2400円」

一人当たり100円のアップとなるが、幸いなことに大学・高校・中学・小学生、幼児、レイトショーに関しては変更なし。また、12月1日『映画の日』も変わらず1000円のままということである。ただし、劇場によって異なる場合があるようなので確認が必要だ。

・ネットの声

このニュースにネットでは悲しみの声が広がっているが、他にも映画について、映画館について様々な意見が見られたので、その一部をご紹介しよう。

「マジかよ……100円はデカいぞ」
「たかが100円とはいえ、いよいよTOHOシネマズ離れが進みそう」
「お前はどんどん遠くへ行ってしまうんだね……」
「お客さんが離れて映画業界全体が衰退するぞ」
「映画観ない人が尚更見なくなりそうで悲しいなぁ」
「何もかも映画館に足運ばないやつが悪い」
「でも2000円足らずで総制作費何億の作品を体験出来るんだよ……安くない???」
「私は元々映画の値段って安いなーと思う派なので、なんとも思わなかった」
「映画代値上げで高く感じるのではなく、我々のお賃金が安いのでは」

・他社はどうなる?

たかが100円、されど100円。普段からよく映画館に行く人からすれば、バカにならない金額だろう。現時点で値上げを発表しているのは「TOHOシネマズ」だけだが、他社はこの流れに追随するのだろうか? もしかすると、全国的に一般1900円がスタンダードになる日が来るのかもしれない。今後の動向に注目である。

参照元:TOHOシネマズ
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24