大阪王将で「日清焼そばU.F.O.のソースを使った天津飯」を見つけて混乱した → 食べたらもっと混乱した

つい先ほど、大阪王将に行ったら見慣れぬポスターが店内に貼られていた。見ると、日清焼そばU.F.O.と天津飯の写真。正直「またか」と思った。またしても、U.F.O.とのコラボだ。前に見た「日清焼そばU.F.Oを大阪王将で出す企画」の続き的な感じのコラボ企画でしょ?

そう思ったのだが……この商品が何なのかさっぱりわからない。ポスターに記載されている「U.F.O.ソースで作ったソバメシにU.F.Oソースの餡をかけた天津飯がマジで旨かった!」が、「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」と同じレベルで複雑だ。

何じゃこれ。そもそも商品名って何!? と気になったので、注文してみた。

・商品名が長すぎ

まず最初に言っておこう。私が気になった商品の正式名称は『U.F.O.ソースで作ったソバメシにU.F.O.ソースの餡をかけた天津飯がマジで旨かった!』だそうだ。調べたら大阪王将のホームページに書いてあった。おそらく、大阪王将はあえて複雑な名前にしているのだろう。

「おい君、この名前はちょっと長過ぎるやろ。そもそも商品名かどうか分からへんやないか」

「いや、部長。こういう変わった名前の方がネットでバズりやすいんですよ。今はバズらせてなんぼですから。ポスターにもドーンと載せましょ! ドーンと! ドンドン載せて、こいつをバズらせまくってやりましょうよ。ハハハハハハハ」

──そんなやり取りが浮かぶようだ。

・商品が到着

さて、到着した商品を見て私が何より気になったのは、上にふりかけられていた青のりである。

これぞまさしく、ソース属のあかし。「天津飯っていうか、どちらかと言うとそっち(ソース系)のものなんで」と言っているかのようにさえ感じる。

実際に、天津飯の周りは真っ黒なソース。その味は、まさしくU.F.O.のソースであった。U.F.O.に添付されているソースとまったく同じものではないが、それをベースにした餡(あん)だ。そして卵を割ってみると、中から顔を出すのは「そばめし」。

……合わないわけがない。ふわとろの卵と、そばめしと、U.F.O.ソースがベースの餡。この3つが合わないわけがないじゃないか。と思うと同時に、私は混乱せずにはいられなかった。なぜなら、これって……

「オムそばめし」なのでは?

──という気がして仕方がなかったからだ。

しかし、それは口にしてはいけないような気もしたので、『U.F.O.ソースで作ったソバメシにU.F.O.ソースの餡をかけた天津飯がマジで旨かった!』は旨かった! と言っておこう。

なお、こちらの商品は期間限定にして数量限定なので、気になる人はお早めにどうぞ。価格は税込640円だ。

参考リンク:大阪王将
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24