言えなかった「ごめんね」 母の荷物から出てきた幼児の服を見た時、思い出したのは

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』。 さまざまな年齢、職業の人々がつづった等身大のエッセーをご覧ください。 香り 七十五才になった私は終活に取りかかろうと二階…
Source: grape