【書類送検】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報を盗撮しネット投稿した人が書類送検される / 庵野秀明監督のスタジオが発表

好きであればあるほどに情報はいち早く入手したいもの。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、そんなファンの最も多い作品の1つと言えるだろう。

だが、ルールを破ってはいけない。以前の記事で、映画『未来のミライ』の本編上映前の予告で『シン・エヴァ』の特報が流れたことをお伝えしたが、この映像を映画館で盗撮、ネット投稿した人が書類送検されたという

・カラーがHPで発表

2019年3月6日、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を制作するスタジオカラーがHPのお知らせを更新。2月付けで特報をネット投稿した容疑者が、著作権法違反の容疑で検察庁に書類送致されたことを発表した。

警察に告訴状を提出し捜査が進められていたという本件。特報が盗撮された昨年7月、カラーは「こういった行為に対しては厳しく対処していく」と発表している。

・最大懲役10年もしくは罰金1000万円、またはその双方が課せられる可能性

映画の放映前にも注意が流れるが、映画館での盗撮行為は犯罪。また、盗撮した映画本編や特報をYouTubeやTwitter、Facebook等にアップロードすることも著作権侵害だ。もし、これを犯した場合、最大懲役10年もしくは罰金1000万円、またはその双方が課せられる可能性も。

SNSや動画サイトの普及で、手軽に動画や画像などをネットに公開できるようになった時代。一般ネットユーザーでも著作権は身近な問題だ。「大丈夫だろ」そんな軽い気持ちが命取りになりかねないので、くれぐれもご注意を。

参照元:株式会社カラー
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24