実写映画『キングダム』の予告が原作知らない民から見ると凄いんだけど、原作ファンはどう思う?

2次元のものを3次元に。アニメやマンガの実写化は次元の壁を越えようとする行為に他ならない。そのため、当然、負荷がかかる。私(中澤)は、これまで壁を越えられない実写化作品を多く見てきた。

しかし、人は挑戦し続ける。批判をものともせず。映画『キングダム』もそんな実写化作品の1つだ。2019年4月19日に公開予定の本作。予告映像は壮大で、原作を知らない私からするとマジで凄そうに見える。そこで、この予告を原作ファンに見せて意見を聞いてみた

・原作を知らない民の意見「自然」

原作を知らない私でも、『キングダム』が中国を舞台にした壮大なストーリーであることは知っている。そのため、「実写化」はかなり厳しいのではないかというのが所感だ。失敗例いっぱいあるしなあ……。

ところが、公開されている予告映像を見てみたところ、かなり本格的に見えた。壮大な背景に蟻のような人の大群は、なんか想像の中の『キングダム』っぽさがある。キャラを知らなくともコスプレには見えない

・原作ファンの意見

原作を知らない民からすると凄そうなのだが、原作ファンはこれをどう見るのか? 隙あらば『キングダム』の話をしている熱烈なキングダムファン4人に予告の感想を聞いてみた。

P.K.サンジュン「思ってたよりは悪くないかな? 特に王宮とか山の民の国とか、建築物に迫力があるよね。さすが中国でロケしただけはある。キャラについては今のところノーコメントだけど、長澤まさみの楊端和はなかなかいいんじゃないか? 強めにシバかれたい

あひるねこ「実写化映画の予告編から必ず漂ってくる “隠しきれないクソ感” があまりない印象である。なんというか、然るべきところにしっかり金がかかっている気がする。そもそもの期待値が激しく低かっただけに、ちょっと楽しみにはなったかな。長澤まさみの楊端和は実に苦しゅうない

原田たかし「実写化映画で成功したのはわずかだけに不安が募っていたが、予告編を見て吹き飛んだ。破格の予算が投じられていることもあって、映像美や迫力は申し分ない。

また、王騎を演じる大沢たかおさんの姿を見て映画館に行きたくなった。原先生も納得した脚本ということだし、今では期待感の方が大きくなった。来月の公開が楽しみ!」

和才雄一郎「予告編を見る限り、『キングダム』の中でもかなり序盤のエピソードが映画になっているようだ。まあ、漫画のストーリー自体が長いので一部をピックアップするのは仕方がないとは思うが、毎週木曜日にヤングジャンプを買っている身としては「そこだけ?」という気がしないでもない

スラムダンクでいうならば、「桜木がゴリと対決した挙げ句なんとかバスケ部に入れたエピソードを映画にしました」と言われたような感じであり、「もっと見たいよ〜」と思わずにはいられない。

ただ、そう思ってしまうのは私が熱心なキングダムファンだからであり、今までキングダムを知らなかった人にはちょうど良いのかもしれない。アクションも派手そうだし、誰が見ても楽しめる映画になっている……予感がする

──とのこと。愛ゆえに慎重な意見が続出しているが、どうやら、予告の雰囲気が期待できるものであることは変わらないようだ。王騎に楊端和など、キャラの再現度は原作ファンから見ても高いようである

予告段階では、高評価を受ける映画『キングダム』。はたして、マンガ実写化映画の成功例となれるか? それは自身の目でご確認いただければと思う。

参照元:YouTube
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24