真冬の北海道で濡れたジーンズを干すとスゴいことになる

記録的な寒さに見舞われた冬の北海道。すでに冷え込みのピークが過ぎたとはいえ、2019年2月12日時点でもまだ最高気温は氷点下だ。

そこで今回は北海道の寒さを利用して、海外のSNSユーザーの間でブームとなっている「フローズンパンツ」を作ってみることにした。文字通り、濡れたパンツ(ズボン)凍らせて立たせるだけなのだが、果たして成功するのだろうか。

・マイナス約8度の下でフローズンパンツを作る

それでは、さっそくフローズンパンツづくりにチャレンジしてみよう。ちなみに、この時の外気温はマイナス約8度。冬の北海道としては至って普通の寒さなので、ズボンが凍るかどうか一抹(いちまつ)の不安が残る。

ジーンズを水で濡らして、

軽く絞りハンガーにかけて、屋外に干すと……おぉっ!

15分くらいでさっそく凍ってきた!!

その後、30分ほど経ってから地面に置いてみたら……

スゴい、立った!

凍ってバッキバキーーーーーッ!!!

寒いけど、おもしろーい!

意外と早くてカンタン。マイナス約8度でも濡れたジーンズは余裕で凍ったゾ。今後、日本のSNSユーザーの間でもこのフローズンパンツの投稿が流行るかもしれない。寒い地域にお住いの方は、ぜひ1度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24