【2019年福袋特集】意外とレア?「ローソンストア100」の福袋(1080円)を買ってみた → 100円の商品が15個入ってるけど平日の買い物かよ!

ローソンなのに100円でお馴染み「ローソンストア100」。普段からよく利用しているのだが、今まで知らなかったぞ。福袋を売っている店舗があるなんて。

たまたま東京・吉祥寺を歩いていたら発見したので買ってみた。値段は税込1080円で、15個の商品が入っているとのことだ。一体何が入ってるんでっしゃろ? というわけで、意外とレアな「ローソンストア100」の福袋を大公開~!

・得する金額は決まっている

「ローソンストア100」の商品は基本的に全品税込108円だ。15個で1620円なので、福袋を買うと540円得をすることになる。もちろん何が入っているかは分からないが、それも福袋の楽しみだよね。さっそく袋ビリビリ~。

え!?

プラカップ……? 福袋で?

いや、プラカップがあって困ることはない。困ることはないが……福袋で無地のプラカップ? なんかスペシャル感に欠けるような……。まあいい。中身を全部出してみよう。

「ローソンストア100」の福袋(税込1080円)の中身

・がつ盛 ソース焼きそば
・まぐろフレーク
・ねじりマカロニ
・ピーナッツブロックチョコレート
・ピーナッツ入り柿の種
・ひとくち揚小丸
・きな粉
・ノンオイル うま塩
・焼肉のたれ
・水きりネット
・ポケットティシュー
・泡立ち速乾
・クリアカップ
・マグカップ
・アルミホイルのおかず入れ

※福袋なので中身が異なる可能性があります

すまん、一つだけ言わせてくれ。平日の買い物かよ! カップ焼きそばだの、洗い物用のスポンジだの、一人暮らしのサラリーマンの買い物かよ!! いや、あって困らない。困らないが……もっと福袋らしい特別なサムシングが欲しいんだぜ。

・中身の傾向

私が手にした福袋の内容は、主に4つのグループに分けられる。まず食品グループ。

カップ焼きそばにツナ缶にマカロニと、割と保存のきく商品が並ぶ。次にお菓子グループ。

しょっぱいもの甘いもの、どちらも入ったバランスの取れた布陣だ。お次は調味料グループ。

きな粉のタイムリー感ね。餅用に買うか迷って、結局買わなかったけど入ってたから かけて食べよ~的なね。最後は日用品グループ。

不要なものはなし。あったら使う。見よ、この溢れる生活感。これぞ「ローソンストア100」の福袋だ。あえて福袋らしい非日常感がある商品を挙げるなら、おそらくマカロニだろう。このラインナップの中では一際オシャレに見えたぞ。

福袋を売っている店舗は、きっとそう多くはないはずだ。今年発売された福袋の中でもかなり地味な部類に入るはずである。とびきりの当たりもなければ、とびきりのハズレもない。「ローソンストア100」の福袋は、そんなヤツだった。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → 「2019年福袋特集」


Source: ロケットニュース24