【C95】平成最後の冬コミ1日目 ハイクオリティなコスプレイヤー13名!!

12月29日から、東京ビッグサイトで「コミックマーケット95」が開幕! 1年の締めくくりといえばやっぱりこれだ。初詣には行かないがコミケは始発で行くタイプな筆者も、夏コミ最終日からずっと待ち遠しかった。

天気予報では厳しい寒波が到来するという話だったが、フタをあけてみるとびっくりする位の快晴! そう、コミケの空はオタクの煩悩によって晴れるのだ。そしてコミケといえば、コスプレイヤー! 今回もいろいろ撮影してきたので、会場の様子とあわせて紹介していくぞ!

・圧倒的混雑

まず何より印象的だったのは混雑具合だ。コミケ来場者の数が年々増えてきているというのはもはや毎度のこと。今年の集計はまだ出ていないが、始発で現地入りした筆者の体感的には、やはり夏コミよりも増えていた気がする。

実際、1日目におけるビッグサイト内のコスプレエリアは、あまりの混雑で撮影に必要な距離をとることが困難な場面も。ここ数年にわたり、毎回全日程で参加し続けてきたが、ここまでの状況はそんなになかった。

2019年開催予定のC96からは有料化し、4日間の開催。しかも会場をビッグサイトと青海に分けることが決まっている。実際どうなるのかはその時になってみないとわからないが、混雑が緩和されるのではと期待している。

・安定のFate人気にバーチャルユーチューバーなど

コスプレの傾向的には、ここしばらく続いているFate関連の人気は継続。そこにバーチャルユーチューバーや、「アズールレーン」、「ドールズフロントライン」などのソーシャルゲームのキャラクターが増えているように感じた。

時事系では「高輪ゲートウェイ」や、先日の北海道のアパマンショップ爆発事故をネタにしたものが さっそく登場していた。ほかにも平成最後ということで、故小渕恵三氏による「平成」の発表シーンを再現したものも。

今回は1日目から13名、筆者の趣味で選んだハイクオリティなコスプレイヤーさんたちを掲載。30日、31日の分も後日まとめて記事にする予定なので、そちらも楽しみにしていてほしい。

Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24