【スマホ比較】Google「Pixel 3」の夜景モードがエグい! 『暗闇』という言葉が死語になるレベル

カメラの撮影能力がすごいと話題のGoogleのスマホ「Pixel 3」。代々木公園のイルミネーション「青の洞窟」で、その機能を検証してみたのだが、私(佐藤)はうっかりしていた。通常モードで撮影していたのである。夜景モードで撮影すべきだったのに! しまった~ッ!!

iPhoneXSとの比較検証でPixel 3は圧勝だったのだが、夜景モードはどれほどのものなのか? 改めて撮影検証してみたところ、このカメラの前に闇はない! と言っても良いほど明るく撮れる。もはや、暗闇は死語になってしまうぞ。マジで……

・「その他」にあった!

今回の検証は、Pixel 3を購入しておきながら、いまだに私がメインで使っているiPhoneSEとの比較だ。iPhoneと比較するというよりも、夜景モードの写り具合を確かめることが目的なので、比較対象は何でも良かった。

夜景モードはカメラ機能の「その他」という項目にあった。全然気づかなかったよ~。もっと分かりやすいとこに置いておいてくれないと~。

・人物を撮影

まずは暗がりで人物の撮影をしてみる。iPhoneSEで撮影してみると、窓の外の光が部屋に入っていても、人物の輪郭を捉えるのがやっとだ。辛うじて表情を掴めるかどうか。人物の後ろは真っ暗、絶望的だ。

一方のPixel 3は、人物の顔をはっきりと確認することができる。そればかりか、後ろにあるガスボンベの「GAS」も判別可能

さらに、人物の後ろの壁に貼ってある紙の文字まで読むことができてしまう。

これは先日、当編集部で行った学力テストの時に貼られたものだ。「理 5まい 英10まい」を読み取ることができる

・暗い路地を撮影

続いて外に出て、暗い路地を撮影してみる。SEの場合は、真っ暗と言わないまでも、色味はなく、奥行きは感じられない。

かたやPixel 3は、暗いなりにも色味は鮮やか。道端の三角コーンの赤も緑、点灯していない看板の青さえもわかる。

・明るい店舗の入り口を撮影

最後にやや明るい通りに面したカフェの入り口を撮影。先の撮影と同じように鮮明に違いがあらわれたのだが、照明の灯りが際立ったのに対して……。

Pixel 3では、周りが明るく写るために、照明の灯りが埋もれてしまっているように見える

街の夜景を撮影するのは、少々明るくなりすぎてしまう傾向にあるのかもしれない。暗がりで人物を撮るのに夜景モードは向いているのかもしれないが、暗がりで灯りを撮るのには、やや不向きかも。夜景モードは場面を選んで使った方が良いようだ。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24