『平均年収ランキング2018』が発表される / 1位の職業は平均年収の2倍以上

2018年もいよいよ師走(しわす)に入り、間も無く年越しがやってくる。年越しといえば、休める人もいれば忙しくなる人もいたりと、職業によって大きく差が出る日のひとつだ。

世の中には色々な職業があるが、やはり気になるのが収入だ。そこで今回は、転職サービス・doda(デューダ)が発表した『平均年収ランキング2018』をご紹介したい。 最も平均年収が高かった職業はいったい何だ?

・「職種別」と「業種別」のランキング

『平均年収ランキング2018』は、dodaが2017年9月~2018年8月の1年間に「dodaエージェントサービス」に登録した約36万人のデータを元に、 正社員として働く20歳~65歳の平均年収をまとめたもので、全体の平均は414万円だったそうだ。

また、同ランキングは具体的な仕事内容でまとめた「職種別」と、業界でまとめた「業種別」の2つに分かれているので、どちらもご紹介したい。それではさっそく「職種別」のトップ10からみていこう。

・「職種別」平均年収ランキング2018

1位:弁護士(専門職)829万円
2位:投資銀行業務(金融系専門職)825万円
3位:運用 / ファンドマネジャー / ディーラー(金融系専門職)803万円
4位:MR(営業系)709万円
5位:業務改革コンサルタント(専門職)681万円
6位:アナリスト(金融系専門職)680万円
7位:戦略 / 経営コンサルタント(専門職)666万円
8位:プロジェクトマネジャー(技術系)659万円
9位:内部監査(企画 / 管理系)658万円
10位:会計専門職 / 会計士(専門職)649万円
※()内は職種別分類名

「職種別」では、高収入なイメージの「弁護士」が堂々の1位! 続いて、2位は「投資銀行業務」、 3位は「運用 ファンドマネジャー / ディーラー」で、専門職系、金融系専門職系の仕事がトップ10のうち7つを占めた形となっている。

なお、「MR(医療情報提供者の略)」など、職種名だけではいまいちわかりにくいものもあるかもしれないが、特設ページではそれぞれの仕事内容の解説を見ることができるので、ピンとこない職種があったら是非そちらを参照してみて欲しい。

続いて「業種別」のトップ10だ。さあ、最も平均年収が高いのはどの業種か……

・「業種別」平均年収ランキング2018

1位:投信 / 投資顧問(金融)839万円
2位:医薬品メーカー(メディカル)611万円
3位:たばこ(メーカー)584万円
4位:診断薬/臨床検査機器/臨床検査試薬(メディカル)570万円
5位:財務 / 会計アドバイザリー(サービス)561万円
6位:信託銀行(金融)561万円
7位:医療機器(メディカル)554万円
8位:トイレタリー(メーカー)552万円
9位:家電/モバイル/ネットワーク機器/プリンタ(メーカー)539万円
10位:総合電機メーカー(メーカー)536万円
※()内は業種別分類名

投資に関わる業種「投信/投資顧問」が1位。しかも昨年から98万円の大幅アップで、今回の調査で最大の上昇額とのこと。 続いて、2位は「医薬品メーカー」 、3位は「たばこ」でトップ10のうち9つが、金融系、 メディカル系、 メーカー系という結果となっていた。

こうしてみると「職種別」「業種別」のいずれも強かったのは金融系のようだ。就職活動などでより高収入を目指したい方は参考にしてみてはいかがだろうか。なお、特設サイトでは、各50位までのランキングをみることができるので、興味のある方はぜひご覧あれ。

参照元:duda「平均年収ランキング 最新版」
執筆:K.ナガハシ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24