スマートウォッチ初心者が4000円で購入できる中国製の「Mi Band 3」を使ってみた

現代社会を生きる上で、もはやスマートフォンは必需品。そんな中、腕などに身に付ける “ウェアラブルデバイス” の需要も今後、飛躍的に増えていくのではないだろうか。腕に身に付けた端末で、スマホの着信やメッセージアプリの通知が確認できるのは非常に便利だ。

ウェアラブルデバイスの代表格と言えば、やはりApple Watch(アップルウォッチ)。しかし、最新モデルだと約5万円からと値段が高い! 相応の性能を有しているのだろうが、いかんせん値が張るのは事実である。「なにかもっと手軽なものはないだろうか」とAmazonを眺めていたら、ふと良さげなものを発見した。どのような商品かと言うと……

その名も『Mi Band 3』。Xiaomi(シャオミ)という中国のスマホメーカーがリリースしている商品になる。価格はなんと4099円(11月30日の時点)! 安っ!! Apple Watch最新モデルの10分の1にも満たない価格だ。

機能としては着信通知やメッセージの内容表示、歩数計、心拍数計測、2日後までの天気予報、ストップウォッチ、GPSと連動してランニングやウォーキングの記録など。

一応、ユーザーレビューにザッと目を通してみたが、総じて悪くない印象。大手スマホメーカーということも手伝って信頼できそう。もしかしたらこれは「買い」なのではないだろうか……? ということで、さっそく注文してみたぞ!

・シンプルでコンパクトな端末本体

数日後、商品が届いたので開封。Amazonのページであらかじめ確認はしていたが、本体はシンプルで無駄がない。ファッションの邪魔にならないようなデザインで個人的には好み。しかもコンパクトで非常に軽い

電源を入れて専用アプリにてスマホとペアリングしたら、さっそくアップデートが始まった。

無事に設定を終え、充電を満タンにして実際に5日ほど使ってみたので使用感をお伝えしていきたいと思う。

・良いところ

まずは気に入った点だが、とにかくバッテリーの持ちが良い。満充電から5日経過してもバッテリーの残量は……


60%以上!!

これには正直驚かされた。Apple Watchの連続使用が最大で18時間というのに対して『Mi Band 3』はというと、最大で20日とのこと。使用状況で多少変わるだろうが、この電池持ちは驚異的っ! 頻繁な充電が不要というのはポイントが高い。

そしてなんと言っても通知機能が便利! 私(石井)はウェアラブルデバイスを初めて使ったが、その利便性に感動してしまった。バッグなどからスマホを取り出さずとも着信やメッセージの内容を確認できるというのは最高で、それだけでも本品を購入した意味があると思ったくらいだ。

さらに、専用アプリに睡眠時間や心拍数を自動で記録してくれる機能も面白い。余談だが、夫婦喧嘩の最中に心拍数が上昇していることもバッチリ記録されていた。

・残念なところ

対して残念な点だが、強い日差しのもとでの視認性がすこぶる悪い。ほぼ何も見えないと言っても過言ではない。端末に手をかざして陰を作ればなんとか確認できるが、自転車に乗っているときなどはそんな余裕がないだろう。これは惜しい点だ。

それから液晶のタッチ操作で反応が悪い時がある。スマホの快適なレスポンスに慣れていると「あれ?」と思う時がたまにあった。さらにこれは個人的な要望だが、心拍数自動測定のON / OFFをもっと簡単に切り替えられるようにしてほしい。

いちいちアプリを立ち上げなければならず、しかも自動的に同期が始まるため、終わるまで待っていないといけない。バンドを外す際、自動計測機能をOFFにする時にはどうにも煩わしい作業だった。

・初心者にちょうどいいかも

しかしながら、総評としては満足している。値段が値段だし、スマートウォッチ初心者でもスンナリ入れたように思う。先述したように、通知機能だけでも非常に便利だ。

Apple Watchを使ったことがないので比較することはできないが、多くを望まないのであれば『Mi Band 3』で十分だと感じた。スマートウォッチが気になる人は、安価な本商品でデビューしてみるのも良いだろう。

参考リンク:Amazon『Xiaomi Mi band 3』
Report:石井陽太
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24